「テスラビジョン」はまもなくジェスチャーも理解できるようになる--マスクCEO

CNET News staff  翻訳校正: 編集部2021年07月13日 13時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaはカメラベースの運転支援システム「テスラビジョン」を強化しているようだ。テスラビジョンが他の車のテールランプを認識しているようだと、Tesla車のオーナーがTwitterに投稿したところ、Teslaの最高経営責任者(CEO)を務めるElon Musk氏は、テスラビジョンはまもなくもっと多くのことを理解できるようになると反応した。具体的には、手のジェスチャー、緊急車両のライト、ハザードランプ、そして方向指示器を認識するようになるという。

 テスラビジョンはほかの多くの自動車メーカーの運転支援システムとは異なり、レーダーを一切使用しておらず、カメラからの映像と、同社が言うところの「ニューラルネット」を利用して運転支援機能を構成している。

Tesla Model 3の車内
Teslaの車はどこまで賢くなれるのだろうか。Musk氏は大幅に賢くなると発言している。
提供:Tesla

 レーダーを廃止する試みを、当初は多くの安全団体などが疑問視した。こうした団体は「Tesla Model 3」や「Tesla Model Y」に与えた安全性についての評価を見直そうとしたが、米国道路安全保険協会(IIHS)はModel 3を再度評価し、改めて安全性について最高の評価を与えている。Teslaはシステムの移行に伴い幾つかの機能が一時的に制限されるとしている。レーダーからカメラへの移行が終わると、短時間で機能は完全に回復するという。

 基本的にテスラビジョンは、Teslaの言う完全自動運転車の基礎となるものだ。過去にMusk氏は、完全自動運転が近いうちに実現すると約束したが、多くの進歩にもかかわらず、Teslaからも他の企業や自動車メーカーからもまだ販売されていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]