マスク氏が公言する「2021年に完全自動運転を実現」、テスラの技術者が異なる見解

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年05月10日 12時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaが2021年中に完全自動運転車を実現できるかは不透明だと、同社のエンジニアがカリフォルニア州の規制当局に対して認めた。Teslaの最高経営責任者(CEO)を務めるElon Musk氏は1月、決算発表の電話会見で、2021年中に完全自動運転を実現することに「大きな自信を持っている」と述べていたが、これとは異なる見通しが示されたことになる。

Model S
提供:Tesla

 この見解は、カリフォルニア州の車両管理局(DMV)とTeslaが3月に行った会議の議事メモに記載されている。このメモは、法的透明性を支持する団体PlainSiteが法律に基づいてDMVに開示要請し、米国時間5月6日に入手して公開したもの。これによると、「Autopilot」ソフトウェア担当ディレクターCJ Moore氏は、「Elon(Musk氏)がレベル5の機能について話すときは改善のペースを推定していると述べた」とされ、「この改善のペースで年末までにレベル5を達成できるかどうか明言できなかった」という。

 レベル5の機能とは、米自動車技術者協会(SAE)が定める自動運転技術の基準における完全自動運転を指す。Autopilotや「Full Self-Driving」ベータ版など、Teslaが現在採用している機能はいずれも自動運転ではなく、レベル2の運転支援機能に当たる。文書にはさらに、Teslaが依然として「間違いなく」レベル2の技術に留まっていると述べたことも記されていた。

 Teslaにはコメントの依頼に応じる広報部門がなく、カリフォルニア州のDMVもこれまでコメントの依頼に応じていない。

 Teslaは本当の意味での自動運転車の実現に向けて、独自の方針を継続する。車が「見る」ことを助ける「LiDAR」技術に他社が注力する一方で、Teslaはニューラルネットワークとセンサーやレーダー、カメラを組み合わせて、自律運転するスマートカーを生み出そうとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]