Suicaの通勤定期利用者向けにコーヒーやシェアオフィスなどのサブスク実証実験

坂本純子 (編集部)2021年07月07日 09時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 favyは7月6日、東日本旅客鉄道と、Suicaの通勤定期券を持つ人を対象に、同日より、上野駅、秋葉原駅、八王子駅でコーヒーと駅そばのサブスクリプションサービスや割引のトライアルサービスを開始すると発表した。

 同時に、全国のシェアオフィス「STATION BOOTH」でもサブスクリプションサービスのトライアルを開始する。いずれも販売期間は7月6日〜8月31日。サービス提供期間は7月6日〜9月30日まで。通学定期券は対象外だ。

 通勤定期券とは別で月額費を支払うと、規定の回数までエキナカ×​シェアオフィスを利用したり、1日3回までコーヒーが飲めたりそばの無料トッピングが得られたりする。販売するサブスクサービスは下記の6つ。

通勤定期券利用者向けに販売する6つのサブスクサービス

  • 『ベックスコーヒープラン』
  • 価格:月額2500円(税込)
    内容:上野駅、秋葉原駅、八王子駅の『ベックスコーヒー』にて、会員証を提示すると、来店ごとにブレンドコーヒーM1杯・HOT/ICE(通常300円)を無料で提供。また、Lサイズは、1杯50円で提供。1日3回まで、3駅すべての店舗が対象。

  • 『ベックスマイボトルプラン』
  • 価格:月額1500円(税込)
    内容:上野駅、秋葉原駅、八王子駅のベックスコーヒーにて、会員証を提示すると、マイボトルを持参した人に、来店ごとにテイクアウトのブレンドコーヒーM1杯・HOT/ICE(通常300円)を無料で提供。また、Lサイズは、1杯50円で提供。1日3回まで、3駅すべての店舗が対象。
    ※テイクアウト限定。マイボトルへ注ぐ提供のみ。(消費税率:8%)

  • 『きらくトッピングプラン』
  • 価格:月額1000円(税込)
    内容:上野駅、秋葉原駅、八王子駅の『いろり庵きらく』にて、会員証を提示すると、そばご注文時にトッピング1品を無料で提供。トッピングは、かき揚げ、ちくわ天、コロッケ、たぬき、きつね、の5種類の中から選べる。1日1回まで、3駅すべての店舗が対象。

  • 『STATION BOOTH 15分プラン』
  • 価格:月額1500円(税込)・初月無料
    内容:JR東日本が提供するエキナカ×​シェアオフィスSTATION BOOTHにて、15分利用権を月10回まで利用できる。全国すべてのSTATION BOOTHが対象。

  • 『STATION BOOTH 60分プラン』
  • 価格:月額3000円(税込)・初月無料
    内容:STATION BOOTHにて、60分利用権を月5回まで利用できる。全国すべてのSTATION BOOTHが対象。

  • 『STATION BOOTH 2時間プラン』
  • 価格:月額6400円(税込)・初月無料
    内容:STATION BOOTHにて、2時間利用権を月8回まで利用できる。全国すべてのSTATION BOOTHが対象。
STATION BOOTHの拠点一覧
JREパスポート|JR東日本のサブスクサービス

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]