日用品などを「最短15分」でお届け--ZHDとアスクル、出前館が即配サービスの実証実験

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Zホールディングス(ZHD)は7月5日、グループ企業のアスクルおよび、出前館と、日用品や食料品を即時配達する「即配サービス」の実証実験を7月末から開始すると発表した。


 この実証実験では、出前館のアプリやウェブサイトから、アスクルが販売する約300種の商品を注文することができる。その後、出前館の配達員が都内の専用倉庫で該当商品を受け取り、自転車やバイクで指定された配達先に商品を配送する。

 取り扱い商品は、洗濯用品、掃除用品、電池、ベビー用品、衛生用品、ペット用品などの日用品。チルド食品(予定)、冷凍食品、カップ麺、レトルト食品、パン、ジュース、酒類などの食料品や飲料など。配送時間は、最短15分〜1時間程度を見込んでおり、東京都板橋区を含む一部エリアで実験を開始。以降、順次3〜5エリアに拡大する予定だ。

 同実証実験により、3社は配達先のラストワンマイルの即時配達ニーズを把握するとともに、取扱商品の拡大や他の地域や他サービスでの展開を検討。欲しい時に欲しい商品が手に入るといった、さらなる買物体験の向上に努める。また、ZHD、ヤフー、LINEは、集客やポイント施策などのマーケティング活動をサポートするという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]