「iPhone 12」シリーズの販売台数、7カ月で1億台を突破

Angelique Chatman (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年07月01日 11時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月29日、「『iPhone』発売から14周年」という記念すべき日を迎えた。さらに別のマイルストーンにも到達した。「iPhone 12」シリーズの全世界での販売台数が、発売からわずか7カ月で1億台を突破したのだ(Counterpoint Research調べ)。この1つ前のモデルの「iPhone 11」シリーズは、発売から9カ月で1億台に達している。このことから、iPhone 12の販売台数は、11の実績を上回るペースで急増していることがうかがえる。

iPhone 12
提供:Sarah Tew/CNET

 発売からの7カ月で消費者に最も受け入れられたモデルは「iPhone 12 Pro Max」のようで、この最もハイエンドなモデルが全販売台数の29%を占めていた。また、12シリーズの売上高は、11シリーズが最初の7カ月で達成した額より22%多い。

 2020年10月に発売されたiPhone 12シリーズでは、4種類のモデルが用意された。699ドル(日本ではApple直販価格で税込8万2280円から)の「iPhone12 mini」、799ドル(同9万4380円)のiPhone 12、999ドル(同11万7480円)の「iPhone 12 Pro」、それに1099ドル(同12万9580円)のiPhone 12 Pro Maxだ。4つのモデルを擁するラインナップが、販売台数1億台を超える結果につながっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]