アップル、「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」のパブリックベータ版をリリース

Jason Cipriani (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年07月01日 07時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月30日、「iOS 15」と「iPadOS 15」のパブリックベータ版を公開した。

iOS

 iOS 15とiPadOS 15はいずれも、6月初旬に開催された同社の年次開発者会議WWDCで発表されていたものだが、これまでは有料デベロッパーアカウントを所有するユーザーにしかプレビュー版は提供されていなかった。今回Appleのパブリックベータプログラムに追加されたことで、各OSに対応する「iPhone」または「iPad」のユーザーなら、誰でもリリース前のバージョンをインストールできるようになった。なお、「Apple Watch」向けの「watchOS 8」についても、初めてのパブリックベータ版がリリースされている。

 各OSはこれから仕上げに入り、正式リリースは2021年秋の予定であるため、パブリックベータプログラムに参加しようという人は、バグや問題に対処する必要がある。

 筆者は、所有している「iPhone 12 Pro」と2021年版の「iPad Pro」でデベロッパーベータ版を試用している。確かにいくつかのバグが存在し、Appleにはそれらを修正する時間がたっぷりあるわけだが、日々使用する端末にインストールするのは、煩わしすぎるかもしれない。なかでも最大の問題はバッテリー持続時間が短いことで、筆者のiPhone 12 Proは最小限しか使用していなくても、1日の途中で充電しなければならなくなることが多々ある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]