配送マッチングのCBcloud、「セブン‐イレブンネットコンビニ」と「PickGo」を連携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CBcloudは6月28日、配送マッチングプラットフォーム「PickGo」のAPIを「PickGo配送API」として公開すると発表した。配送マッチングプラットフォームとして、APIの公開は初めての試みになるという。


 PickGoは、軽貨物の登録ドライバー数2万8000名を超え、マッチング率の高さと即時性で緊急性の高い「オンデマンド配送」に強みがある。

 加えて、同社では二輪車や一般貨物自動車運送事業者、飛行機、鉄道など、さまざまな配送インフラネットワークを自社の配送機能として実装する「オンデマンド配送2.0」の推進し、強化している。

 今回公開したPickGo配送APIは、オンデマンド配送2.0を強力に支援するサービスになるという。

 また、セブン‐イレブン・ジャパンが展開する「セブン‐イレブンネットコンビニ」においてAPI連携を開始した。

 現在、セブン‐イレブン・ジャパンでは、スマートフォンから店頭で販売されている商品の注文後、最短30分で指定の場所へと配送するサービス、セブン‐イレブンネットコンビニを北海道、東京都、広島県の一部エリアで(約370店)にて展開している。

 両社は、API連携に向けて2021年2月からPoC(概念実証)を実施。セブン‐イレブン・ジャパンの「サービスの価値向上」と同社の「ドライバーの価値向上」の思想がマッチし、今回の正式な連携開始に至ったという。

 今回の連携により、セブン‐イレブンネットコンビニ経由で受けた注文依頼を、「PickGo配送API」を経由して近辺にいる配送パートナーとマッチング。セブン‐イレブン店舗での商品の集荷から指定住所への配送を最短30分で実施する。

 なお両社は、今回の連携を生かしてセブン‐イレブンネットコンビニの導入店舗の拡大を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]