現代自動車グループ、ソフトバンクグループからBoston Dynamicsの取得完了

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年06月22日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは6月21日、現代自動車グループ(ヒョンデ)が、「Spot」などのロボットで知られるBoston Dynamicsの経営支配権の取得を完了したと発表した。ヒョンデとソフトバンクは、2020年にこの買収を発表している。ヒョンデは、Boston Dynamics株式の80%を保有する。

Spot
提供:Boston Dynamics

 両社は買収に関して、それ以上の詳細を明らかにしていないが、Boston Dynamicsの評価額を11億ドル(約1200億円)としている。ヒョンデがBoston Dynamicsに何を求めているかは明確になっていないが、ロボットに高い関心を寄せていることだけは推測できる。2020年には、「歩ける自動車」など「究極の移動手段」の実現を目指す研究開発組織の立ち上げを発表している。そのような目的を果たすためにBoston Dynamicsを同社のチームに組み入れたい考えを持っている可能性もある。「現代自動車の新しいウォーキングカーには犬型ロボットが付いてくる!」ということだろうか。そうはならないだろうが、ヒョンデにとっては大型の買収であり、同社がBoston Dynamicsとともに何をしようと計画しているかを知ることは非常に興味深い。ヒョンデが製造業や物流向けの新たなロボットを設計する上でBoston Dynamicsが支援する可能性もあるかもしれない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]