アドビ、日本語版「Illustrator」と「InDesign」がApple M1にネイティブ対応

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2021年06月18日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビは6月17日、日本語版「Adobe InDesign」と「Adobe Illustrator」において、Apple M1チップを搭載するMac製品へのネイティブ対応を完了したと発表した。6月8日に米Adobeが2製品のM1対応を発表していたが、日本語版も正式対応となった。なお、M1ネイティブ版のリリースは6月22日を予定している。

 2製品ともすでにM1 Mac上で動作していたが、ネイティブ対応の完了により、M1 Mac上で動作するInDesignの全体的なパフォーマンスは、インテル向けビルドと比較して平均59%高速化。グラフィックを多用したファイルを開く処理は185%、テキストが多い100ページのドキュメントのスクロールパフォーマンスも78%高速化しているという。

 Illustratorの場合も同様に、全体的なパフォーマンスが平均65%高速化。さらに、複雑なベクターを編集する際のスクロールパフォーマンスが390%、31個の複雑なアートボードを含む新規ファイルを開く処理は119%向上するという。

 加えて、Illustratorには、新機能として「回転ビュー」機能が追加された。iPad版に搭載済みの「カンバスを回転」機能と同様に、カンバスを描画に最適な角度に回転できるようになる。グラフィックの向きを修正したり、カンバス全体に特定の角度で複数のパスを作成したりする場合や、ダイラインに沿って直角に回転させてデザインすることが多いパッケージデザイナーにとって、特に便利な機能になるとしている。

キャプション
「回転ビュー」
【6月18日13時30分追記】

アドビからの追加情報として、日本語向けIllustrator、InDeisgnともにリリースが遅れており、M1ネイティブ版は6月22日に提供予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]