豚の体重や健康状態の把握を容易に--養豚農家向けIoT・AI家畜管理「PIGI」ベータ版

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コーンテックは6月15日、養豚農家向けにIoT・AI家畜監視サービス「PIGI(ピギ)」のベータ版を公開したと発表した。ベータ版では、一部機能のみの公開となる。


 畜産業界においては、勘と経験に依存した管理や台帳記入など、未だアナログな業務管理が多いという。たとえば、豚を1頭ずつ体重計に乗せて計測したり、目視で計測したものを台帳に記入したりするなど、人が介在し多くの時間をかけている。

 同社では、人材確保が難しくなっていることや防疫の観点からも、人の介在を減らすことが重要だと考えているという。

 そこで、豚の成長管理をサポートする養豚農家向けIoT・AI家畜監視サービスのPIGIを開発した。

 PIGIでは、養豚施設に設置したカメラの映像解析から豚の個体数を特定。さらに、体重を判別し、これらの推移データを出荷予測などに活用することが可能。これにより、新規に施設を建築するといった大きな設備投資をしなくても、IoT・AIを活用した家畜管理ができるようになる。

 加えて、独自の解析データに基づき、豚の個体数や体重測定・健康状態の把握が可能。さらには、施設の気温・湿度も監視し、データ管理やアラート通知を行えるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]