Facebook、有料イベントの手数料を2023年まで免除--その後もアップルより低く

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2021年06月08日 12時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏は米国時間6月7日、有料オンラインイベントやファンサブスクリプションを含むFacebookのクリエイター向けツールの手数料を、2023年まで無料にすることを明らかにした。最終的にFacebookが手数料を徴収するようになっても、手数料率はAppleや他の企業の30%より低くすると、Zuckerberg氏はFacebookへの投稿で説明した。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 「より多くのクリエイターが私たちのプラットフォームで生計を立てられるようにするため、有料オンラインイベント、ファンサブスクリプション、バッジ、そして今後導入する独立系ニュース製品を、2023年まで引き続きクリエイターに無料で提供する。またレベニューシェアを導入する場合でも、Appleや他の企業が徴収している30%より低くする」とZuckerberg氏は述べた。

 さらに投稿へのコメントで、Facebookに新たな利益配分のインターフェースを導入し、「さまざまな企業の手数料や税金が自分たちの利益にどれほど影響しているのか」をクリエイターが確認できるようにするとした。Facebookによると、この新しいインターフェースは、まず有料イベント機能の利用者にウェブで提供されるという。

 Facebookは、2020年夏に有料オンラインイベント機能をリリースし、Facebookページを運営する一部のユーザーに対して、バーチャルライブイベントの制作、宣伝、主催、収益化ができるツールの利用を呼びかけた。リリース以降、イベント主催者はFacebookのオンライン決済サービス「Facebook Pay」を介してチケット売り上げの100%を受け取っている。Facebookは当初、2021年夏から手数料を導入する計画だったが、今回それを2023年まで延長した。

 Zuckerberg氏の投稿は、Appleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」の開幕まで数時間というタイミングで公開された。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]