「iPadOS 15」発表--マルチタスク新機能や素早くメモできる「クイックメモ」など

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年06月08日 05時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月7日、開発者会議WWDC21で「iPad」向けOSの新バージョン「iPadOS 15」を発表した。マルチタスクの新たな方法や、2020年の「iOS 14」に導入された「Appライブラリ」や「ウィジェット」などの機能が追加されている。

iPadOS
提供:Apple/Screenshot by Scott Stein/CNET

 iPadOS 15ではアプリの上部に新しいコントロールが表示される。ここからマルチタスクのメニューにアクセスして「Split View」や「Slide Over」を選択できる。また、画面下部に表示される新しい「シェルフ」から、開いているウィンドウに容易にアクセスできる。

マルチタスク
提供:Apple/Screenshot by Scott Stein/CNET

 ウィジェットはiOS 14の場合とほぼ同じように機能し、ホーム画面にアプリアイコンとともに表示できる。iPadではさらに、大きな画面に合わせて、新しい大きなフォーマットのウィジェットを追加できる。

ウィジェット
提供:Apple/Screenshot by Scott Stein/CNET

 Appライブラリは、インストールされている全てのアプリを自動でカテゴリー分けして表示するというもの。Dockから立ち上げられるため、アプリに素早くアクセスできる。

 「メモ」アプリにも複数の新機能が追加された。その1つが「名前の言及」で、共有メモで名前に言及するだけで、その人に通知を送ることができる。また、どこにでもタグを追加できるようになった。「クイックメモ」機能では、画面右下からスワイプするだけでメモ画面が表示され、素早くメモを取ることができる。

「クイックメモ」機能
「クイックメモ」機能
提供:Apple/Screenshot by Scott Stein/CNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]