logo

NTT Comと三井不動産、デジタル空間「Hisaya Digital Park」とバーチャル店舗で共同実験

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズと三井不動産は6月3日、デジタル空間「Hisaya Digital Park」とバーチャル店舗を活用し、新たな顧客体験を創出する共同実験を開始した。実験は、同日より12月31日までを予定している。

Hisaya-odori Park外観 (左)とHisaya Digital Park (右)
Hisaya-odori Park外観 (左)とHisaya Digital Park (右)

 本実験は、名古屋市にある久屋大通公園の北エリア・テレビ塔エリア「Hisaya-odori Park」の実店舗に加え、デジタル空間上に構築したHisaya Digital Parkおよびバーチャル店舗の運営を通じて、リアルとバーチャルの垣根を越えて位置情報データや来店データなどを統合的に分析し、周辺エリアの回遊性の向上や、新たな顧客体験の創造を目指すというもの。

 実験では、実在の公園および店舗をバーチャル空間上に再現。全長約900メートルのHisaya-odori Parkを、VRによりHisaya Digital Parkとしてバーチャル空間に再現し、実在する8店舗についても、高精度カメラで360度パノラマ撮影した映像でリアルに再現する。

 Hisaya Digital Parkは、PCやスマートフォン、タブレットなどからアクセスして、店舗のサービス情報や動画コンテンを視聴するなど、いつでもどこでも、リアリティのあるHisaya-odori Park散策を楽しむことが可能だ。

 また、実店舗とバーチャル店舗上の来店情報などを統合し、顧客のライフスタイルを可視化することで、実店舗・バーチャル店舗間の相互送客により、顧客との接点拡大を図る。さらに、公園内における来園者層や行動パターンを分析し、よりきめ細やかなサービス提供を目指すとともに、出店者の顧客接点の強化への有効性を検証する。

 今後両社は、今回の実験結果を踏まえ、にぎわいと魅力にあふれた空間形成を目指すとともに、バーチャル空間でのイベント、リアルイベントと連携したイベントの開催を検討。将来的には、対象店舗や公園近隣施設への拡大も予定している。

バーチャル化のイメージ
バーチャル化のイメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]