logo

ハンドメイド品ECのEtsy、古着売買のDepopを買収へ--Z世代の取り込み狙う

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年06月03日 12時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインマーケットプレイスのEtsyは米国時間6月2日、英国の古着売買アプリ運営企業Depopを16億2500万ドル(約1780億円)で買収すると発表した。比較的若い購買層の顧客ベース拡大を目指す。Depopは10代半ばから20代初めの若者に特に人気がある。DepopもEtsyに似た、両面市場の仲介を担うモデルを採用しているが、Etsyで主にやりとりされるのはハンドメイドの商品だ。

Depopのマーケットプレイス
提供:Depop

 Depopはアクティブユーザーの約90%が26歳未満であり、台頭するこの世代の購買力を収益につなげることが、Etsy側の買収の狙いとみられる。Depopは10年前からサービスを展開しているものの、2020年には流通取引総額(GMV)と売上高の両方が前年比で100%以上増加するなど、成長が加速していた。

 現在、古着の売買市場をけん引しているのは比較的若い世代の消費者だ。Depopが米国のZ世代の消費者がよく訪れるショッピングサイトのランキングで10位に入っている背景にも、こうした若い世代の支持がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]