AMD、ノートPC用GPU「Radeon RX 6800M」などを発表

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年06月02日 11時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「COMPUTEX 2021 Virtual」は、AMDの最高経営責任者(CEO)Lisa Su氏の基調講演で幕を開けた。その基調講演が大きなニュースとなっている。Su氏がその中で、AMDの「RDNA 2」テクノロジーをベースにした待望のモバイルGPU「Radeon RX 6800M」「Radeon RX 6700M」「Radeon RX 6600M」を発表したからだ。COMPUTEXは例年台湾で大々的に開催されてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2021年はオンラインで開催されている。

AMDの新GPU
提供:AMD

 これらの新GPUは長く待ち望まれてきた。というのも、AMDの最高の新技術、中でもRDNA 2をノートPCに組み込むものだからだ。「Ray Accelerator」コアやGPUダイ上の「Infinity Cache」、AMDのCPUがGPUメモリーに直接アクセスできるようにする「Smart Access Memory」のサポートなども、そうした技術の一環だ。その結果として、遅延の短縮、1Wあたりのパフォーマンスの向上(つまりバッテリー持続時間の改善)が実現するほか、AMDはハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシングに向けた第一歩を踏み出すことになる。

 新GPUはそれぞれ、パートナー企業のノートPCに搭載される形でリリースされる。RX 6800Mは6月中にASUSの「ROG Strix G15 Advantage Edition」に搭載されて発売される予定で、これはAMDの「Advantage Design Framework」で構築される最初のシステムの1つでもある。その少し後に、HPがRX 6600Mを搭載した「OMEN 16」を発表する予定だ。RX 6800MとRX 6700Mがいずれも解像度1440pのゲーミングをターゲットにしているのに対し、RX 6600Mは1080pをターゲットにしている。

ROG Strix G15 Advantage Edition
ROG Strix G15 Advantage Edition
提供:Lori Grunin/CNET
性能一覧表
主な仕様

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]