自律飛行システムのMerlin Labs、Alphabet傘下のVCから資金調達--動画も公開

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年05月27日 13時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Merlin Labsは米国時間5月26日、自律飛行技術の開発を目的とする資金調達ラウンドの成功を機に、「ステルスモード」を解除し、その姿を現した。実際には、Merlin Labsは飛行機の機体や空飛ぶ自動車、あるいはeVTOL(電動垂直離着陸機)を製造しているわけではない。同社が目指しているのは、航空機が人の助けを借りずに空を飛ぶ、完全な自律飛行技術だ。同社が公開した動画を見ると、手も触れていないのに操縦かんが動く様子はなんとも不気味だ。

 Merlin Labsがこの日発表した初回ラウンドの出資者には、Googleの親会社Alphabetのベンチャーキャピタル部門GV(旧「Google Ventures」)も名を連ねている。具体的な内訳は不明だが、今回の資金調達ラウンドでは総額2500万ドル(約27億円)が調達された。同社はこの資金を活用して、Beechcraft製航空機「King Air」に自律飛行技術を搭載し、その価値を検証する計画だ。

 Merlin LabsはDynamic Aviationと提携し、同社が保有する55機のKing Air機を利用して自律飛行技術のテストを行う。場所は、カリフォルニア州にあるモハーベ空港・宇宙港にあるDynamic Aviation専用の飛行施設になるとみられる。このテストの目標は、固定翼機に信頼の置ける自律飛行システムを導入することだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]