アマゾンは反トラスト法違反--米ワシントンDC司法当局が提訴

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月26日 07時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ワシントンDCのKarl Racine司法長官が米国時間5月25日、Eコマース最大手のAmazonを提訴したことを明らかにした。同氏によれば、Amazonは同社運営のマーケットプレイスを利用するサードパーティー事業者の商品価格設定に非常に大きな影響力を有しており、それが消費者の購入価格の上昇につながっているという。またAmazonは出品業者が他の小売サイトでより安く商品を販売する権利を奪うことができ、それが反トラスト法に違反しているとしている。

Amazonのロゴ
James Martin/CNET

 Racine氏は、Amazonが出品業者との間で「同社のオンライン小売マーケットプレイス全体にわたって人為的に高い手数料を課す」契約を結んでいるとし、その規則のために出品業者はAmazonの手数料を考慮しなければならないため、販売価格が高くなっていると主張している。

 それに対して、AmazonはRacine氏のこの主張を否定している。

 Amazonは2019年に、出品業者が同社のマーケットプレイス以外でより低い価格で商品を販売することを明示的に禁止する契約条項を削除した。しかしRacine氏によると、類似の条項が今でも有効で、それによって実質的にその制約が残っているという。

 Amazonは、他のサイトでより安い価格で商品を販売している出品業者に対し、顧客がワンクリックで商品を購入できるボタンを商品ページから削除でき、また出品業者に対する出品許可を取り消すこともできる状態にあるとInc.は報じている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]