カプコンとドコモ、ストリートファイターリーグを共催--5G活用で新たな視聴体験を提供

佐藤和也 (編集部)2021年05月19日 19時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンとNTTドコモは5月19日、「ストリートファイターV チャンピオンエディション」におけるチームリーグ戦となる「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」を共催すると発表した。

 ストリートファイターリーグは、日本eスポーツ連合(JeSU)から発行される「ストリートファイターV」ジャパン・eスポーツ・プロライセンスを保有する世界トップレベルの選手たちが、リーグ独自のチームを組んで戦う公式チームリーグ戦として実施されているもの。

 今回のリーグでは、ドコモとの共催により、ドコモが運営するeスポーツブランド「X-MOMENT」(エックスモーメント)における対戦格闘ゲームの競技としても採用。高速大容量低遅延の5Gなどのドコモの先進技術によるサポートを受け、eスポーツの新たな視聴体験の提供を目指すという。

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」について
「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」について

 リーグについては、これまでの6チーム制から8チーム制となり、企業8社がチームオーナーとなり4人1組のオリジナルチームを編成してリーグへ参画するという、チームオーナー制を導入し開催規模を拡大。全56試合と、昨シーズンより大幅に試合数が増加している。10月よりオンラインライブ中継で開催予定のリーグ本節ではポイントを競いあい、リーグ本節の上位チームが「プレイオフ」へ、そこからさらに勝ち上がったチームが決勝大会である「グランドファイナル」へと進出。グランドファイナルの上位チームは、世界大会として予定されているストリートファイターリーグ「ワールドチャンピオンシップ」の出場権を得ることができるという。

5月19日に開催されたドコモの「2021夏 新サービス・新商品発表会」にて登壇した、NTTドコモ 代表取締役社長の井伊基之氏(左)と、カプコン 代表取締役社長COOの辻本春弘氏(右)。波動拳のポーズでエールを送り合っていた
5月19日に開催されたドコモの「2021夏 新サービス・新商品発表会」にて登壇した、NTTドコモ 代表取締役社長の井伊基之氏(左)と、カプコン 代表取締役社長COOの辻本春弘氏(右)。波動拳のポーズでエールを送り合っていた

(C)CAPCOM CO., LTD. 2016, 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]