「Pokemon Go」のNiantic、AR開発ツール「Lightship」のベータ版を限定公開

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年05月12日 11時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 拡張現実(AR)ゲーム「Pokemon GO」に使われているのと同じツール群がまもなく、より多くの開発者に開放されるようだ。Pokemon GOの開発を手がけたNianticは、これまで「Niantic Real World Platform」と呼んでいたAR開発プラットフォームを「Niantic Lightship」に改称し、開発者向けキット「Niantic Lightship Augmented Reality Developer Kit (ARDK)」のプライベートベータ版を提供開始した。2021年中にさらに広く提供することを目指すという。

Pokemon Go
提供:Niantic/Screenshot by Carrie Mihalcik/CNET

 Lightshipは現実世界をスキャンして、AR用にマッピングすることができる。Appleの「iPhone」や「iPad」の最上位モデルに搭載された深度センサー技術であるLiDARスキャナーに似ているが、LightshipはLiDARを搭載しないデバイスでも利用できる。Nianticが買収した企業6d.aiの技術は、通常のスマートフォンのカメラで現実世界の3Dマップを構築したり、クラウドソースで世界地図を作成したりできるようにするもので、同技術がLightshipの開発ツールキットに使われている。

 Lightshipには制限もある。今のところ、同じ場所でAR体験を同時に共有できる人数の上限は8人だ。また、Nianticの説明によると、共同で構築するARオブジェクトの存在は「一時的」で、地理的な場所に永続的に保存されないという。ただし長期的な計画では、そうしたARコンテンツを長く利用できるものにすることを目指すとしている。


この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]