logo

Blue Origin、7月に初の有人宇宙飛行へ--座席のオークションも開始

Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年05月06日 11時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Blue Originが宇宙船「New Shepard」で民間人を宇宙に送り出す日取りを決定した。さらに、この飛行で最初に宇宙に飛び立つ座席のオークションを開始した。

New Shepard
提供:Blue Origin

 Amazon創業者で資産家のJeff Bezos氏が設立したBlue Originは米国時間5月5日、最初の有人飛行を7月20日に行うと発表した。この飛行における座席の1つはオークションにかけられ、その収益はBlue Originの教育基金「Club For The Future」に使われる。

 この飛行では、乗組員は「New Shepard」のブースター先端に取り付けられた6人乗りの乗員用カプセルに搭乗し、テキサス州西部にあるBlue Originの打ち上げ施設から宇宙へと飛び立つ。ロケットから分離されると、乗組員は大気圏との境目を越えて宇宙空間を旅し、数分間の無重力状態と壮大な眺めを堪能したのち、パラシュートの補助を受けて軟着陸で地球に帰還する。一方、カプセルを宇宙空間に送り出したブースターは、打ち上げ場所から遠くない場所に自律飛行で着陸する。

 初の有人飛行の座席への入札は、Blue Originのウェブサイトで受け付けている。このオークションは3段階で行われており、最終段階となる6月12日のライブオンラインオークションで完結する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]