ベライゾン、米ヤフーやAOLなどメディア事業を売却へ--約5450億円で

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月04日 10時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米通信大手Verizonは米国時間5月3日、メディア事業部門Verizon Mediaを投資会社Apollo Global Managementに50億ドル(約5450億円)で売却すると発表した。Verizon Mediaの事業には、米YahooやAOLなどが含まれる。

Verizonのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 VerizonはVerizon Mediaの株式10%を今後も保有する。Verizon Mediaは取引完了後に社名をYahooに変え、Guru Gowrappan氏が引き続き最高経営責任者(CEO)を務める。

 Verizonは2015年にAOLを買収し、2017年に米Yahooの中核事業を買収していた。2社の買収金額は計約90億ドルだった。その後VerizonはAOLとYahoo事業を統合して新会社Oath(現Verizon Media)を設立。2018年にはOathに関連して46億ドルの減損を計上していた。

 Apollo Global Managementへの売却は、2021年後半に完了する見込みだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]