logo

アップル、5年で46兆円超を米国で投資へ--新キャンパス建設、2万人を雇用

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月27日 10時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間4月26日、米国における今後5年間の投資計画を発表した。4300億ドル(約46兆5000億円)を超える投資、ノースカロライナ州における新キャンパスの建設、全米で2万人分の雇用創出などが盛り込まれている。同社はこの投資計画の一環として、次世代シリコンと5G技術の開発に「数百億ドル」を投じることも明らかにした。

カリフォルニア州のApple Park
提供:James Martin/CNET

 Appleは、ノースカロライナ州のローリー、ダーラム、チャペルヒルの各都市にまたがる「リサーチトライアングル」地域に、10億ドル(約1080億円)を投じて新キャンパスを建設する。このキャンパスでは、機械学習、人工知能(AI)、ソフトウェアエンジニアリングなどの技術分野を対象に、少なくとも3000人を新規に雇用するという。

 またAppleは、2023年までに2万人分の雇用を創出するとした2018年の計画について、その目標は達成できる見通しだとし、これに加えて、今後5年間で2万人分の雇用を創出するとした。カリフォルニア州、コロラド州、マサチューセッツ州、テキサス州、ワシントン州、アイオワ州で人員を拡大する計画だという。

 Appleは、3月に発表したカリフォルニア州における大規模ソーラーファームプロジェクトなど、環境とクリーンエネルギーに関する同社の取り組みにも言及した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]