シャープ、4Kテレビに有機ELと液晶の新製品--有機ELは「AQUOS OLED」に

加納恵 (編集部)2021年04月22日 15時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月22日、4Kテレビの新製品として、有機ELテレビの「AQUOS OLED DS1/DQ1」と、液晶テレビの「AQUOS 4K DN1/DN2/DL1」を発表した。いずれも新開発の画像処理エンジン「Medalist S2」を搭載する。発売は5月22日から順次。

 今まで有機ELテレビは「AQUOS」のシリーズ名を冠していなかったが、今回からAQUOS OLEDへと名称を変更。これに対しシャープは「AQUOSというと液晶テレビのイメージが強かったため、勘違いされないようにAQUOSを冠してこなかったが、発売から時間がたちシャープの有機ELテレビの認知度も得られたと判断し、変更した」とコメントしている。

有機ELテレビは「AQUOS OLED」に名称を変更
有機ELテレビは「AQUOS OLED」に名称を変更

 全機種に搭載する画像処理エンジンのMedalist S2は、8Kテレビの開発で培った映像の高精細化処理技術を応用することで、地上デジタル放送やネット動画のコンテンツも「4K 超解像アップコンバート」を実現。広色域技術「リッチカラーテクノロジー」やメリハリのある明暗を描写する独自のアルゴリズム「スマートアクティブコントラスト」とあわせ、リアリティある高画質を実現する。

 AQUOS OLED DS1/DQ1は、いずれも65V型と55V型をラインアップ。DS1シリーズには、独自の高輝度「S-Brightパネル」を採用。輝度性能に優れるほか、有機ELの発光に伴う発熱を効率的に抑えることで、輝度を高め、明るく鮮やかな映像を再現する。

DS1/DQ1

  • 4T-C65DS1(65V型、想定税込価格:49万5000円前後)
  • 4T-C55DS1(55V型、想定税込価格:34万1000円前後)
  • 4T-C65DQ1(65V型、想定税込価格:46万2000円前後)
  • 4T-C55DQ1(55V型、想定税込価格:30万8000円前後)
「4T-C65DS1」(左)、「4T-C65DQ1」(右)
「4T-C65DS1」(左)、「4T-C65DQ1」(右)

 液晶テレビのAQUOS 4Kは、DN1/DN2/DL1の3シリーズ展開。DN1は55、60、65、70V型の4サイズ、DN2は50V型、DL1は50、65V型をラインアップする。DN1/DN2には、低反射の「N-Blackパネル」搭載し、外光の反射や照明の映り込みを低減。「倍速技術」も備える。

 いずれも、Netflix、Prime Video、U-NEXT、Hulu、ABEMA、Paravi、YouTubeと7つの動画サービスをすぐに選べるダイレクトボタンをリモコンに装備。エンタメ・生活情報サポートアプリ「COCORO VISION」にも対応する。BS4K、110度CS 4Kチューナーは2つ内蔵。外付けのUSB HDDを接続すれば、2番組同時録画も可能だ。

DN1

  • 4T-C70DN1(70V型、想定税込価格:31万9000円前後)
  • 4T-C65DN1(65V型、想定税込価格:27万5000円前後)
  • 4T-C60DN1(60V型、想定税込価格:24万2000円前後)
  • 4T-C55DN1(55V型、想定税込価格:19万8000円前後)

DN2

  • 4T-C50DN2(50V型、想定税込価格:17万1000円前後)

DL1

  • 4T-C65DL1(65V型、想定税込価格:20万9000円前後)
  • 4T-C50DL1(50V型、想定税込価格:14万3000円前後)
「4T-C70DN1」(左)と「4T-C65DL1」(右)
「4T-C70DN1」(左)と「4T-C65DL1」(右)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]