集英社、マンガ投稿・販売プラットフォーム「マンガノ」を公開--はてなと共同開発

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 集英社の少年ジャンプ+編集部とはてなは4月21日、共同開発したマンガ投稿サービス「マンガノ」の提供を開始したと発表した。マンガ家にとっての使いやすさを追求した作品投稿(公開)機能に加え、作品の販売機能も備えているのが特徴だ。

マンガ投稿サービス「マンガノ」
マンガ投稿サービス「マンガノ」

 マンガノでは、マンガ家と読者にとっての使いやすさを追求。マンガ投稿/公開サービス「ジャンプルーキー!」をもとにした手間を感じさせない作品投稿機能、マンガ家とファンをつなぐ機能、継続的な創作のための作品販売機能に加え、マンガビューワ「GigaViewer」を利用したPCやスマートフォンでのマンガ閲覧機能を備える。

 さらに、マンガ(商業作品、同人作品)、イラストなどあらゆる種類のマンガを整理して、ポートフォリオとして紹介することも可能。読者からの反響は、ダッシュボードで即座に確認できる。作品販売機能は、作者が自由にカスタマイズでき、無料公開時の広告設定機能など、作品に合わせたマネタイズに対応する。

キャプション
キャプション

 このほか、運営による全件チェックにより、ポジティブなコメントのみが届く「やわらかコメント」機能。ファンに限定した作品公開ができる機能など、マンガ家のニーズに沿った機能も備える。

キャプション

 近年、インターネットを活用したさまざまな方法で作品が発表できるようになっているが、活動を継続し、活躍の場をさらに広げるための道筋は、出版社からデビューするマンガ家に比べれば、まだ整備されていない状況にあると指摘。その原因のひとつが、既存のマンガ投稿プラットフォームには販売機能が整備されていないことにあると考え、両社のノウハウを活用したマンガ家のためのサービスとして共同で開発したという。

 なお両社は、前述したマンガ投稿/公開サービス「ジャンプルーキー!」や、マンガビューワ「GigaViewer」を採用したウェブマンガサービス「少年ジャンプ+」(ブラウザ版)などの開発に共同で取り組んでいる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]