logo

Facebook、投稿を「Googleドキュメント」などへ転送可能に

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2021年04月20日 10時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間4月19日、投稿やノートを「Googleドキュメント」や「WordPress.com」に転送できる新たな機能を追加したと発表した。独占的な支配力で競合他社をつぶしていると批判される中で、懸念を和らげるかのような動きだ。

Facebookのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 世界最大のソーシャルメディアであるFacebookは、違法な反競争的行為に関与しているとして、AmazonやGoogleといった他のIT大手とともに規制当局や議員から疑惑の目を向けられている。Facebookは2020年、競合を買収して違法に競争を阻害し、また不十分なプライバシーによってユーザーを危険にさらしているとして、米連邦取引委員会(FTC)および48州の司法長官からそれぞれ連邦裁判所に提訴されている。加えて、Facebookからその他のプラットフォームに情報を転送することを困難にして、ユーザーがFacebookに留まるよう仕向けているとの指摘も受けている。

 投稿やノートを転送するには、設定画面から「あなたのFacebook情報」をクリックし、「あなたのFacebook情報のコピーの転送」の横にある「見る」をクリックする。パスワードを入力したら、「転送先を選択」をクリックしてFacebookの投稿とノートを転送するプラットフォームを選択する。転送先のサービスにログインしたら、画面の指示に従って転送を確認する。

 Facebookはすでに写真に関しては「Googleフォト」「Dropbox」「Backblaze」「Koofr」への転送を可能にしている。そのほか、Facebookに投稿した情報のコピーをダウンロードすることもできる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]