ソニー、4K HDRホームシアタープロジェクター 2機種を発表

加納恵 (編集部)2021年04月16日 13時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月16日、メリハリのある明暗差を再現する4K HDRホームシアタープロジェクター 2機種「VPL-VW875/VW275」(想定税込価格:330万円前後/60万5000円前後)を発表した。VPL-VW875には「ダイナミックHDRエンハンサー」機能を備え、HDR映像を最適なコントラストで投影できる。発売は5月8日。

「VPL-VW875」
「VPL-VW875」
「VPL-VW275」
「VPL-VW275」

 VW875に搭載するダイナミックHDRエンハンサーは、テレビ「ブラビア」向けプロセッサー「X1」の映像処理技術をプロジェクター用に最適化した4K高画質プロセッサーによるもの。独自のアルゴリズムにより、シーンごとに適したコントラストでHDRコンテンツを再現する。これにより、フレーム単位でダイナミックレンジを調整でき、明るく輝きのある明部とともに、暗部をより沈み込ませることができ、メリハリのある映像を表現する。

 本体には、大口径の4K「ARC-F」レンズを装備。18枚のレンズを使用し、フローティングフォーカス方式を採用。フォーカス時に2つのレンズ群を可動させることで、画面の中心部から周辺部、また、近距離投写時から遠距離投写時まで安定した結像性能を実現する。

 サイズは高さ223.0mm×幅560.0mm×奥行き510.5mmで、重量約22kg。ソニー製0.74型「4K SXRD」パネルを搭載し、投写サイズは60〜300型。レーザーダイオード光源を使用し、寿命は約2万時間としている。

 VW275は、ランプ光源モデルでアイリス非搭載なため、従来機と比べ、主にHDRコンテンツの明部の表現が向上している。4K SXRDや225W高圧水銀ランプの採用により、1500ルーメンの高輝度を実現する。サイズは高さ205.3mm×幅495.6mm×奥行き463.6mmで、重量約14kg。投写サイズは60〜300型。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]