logo

ANA、ドイツのWingcopter GmbHと「ドローン配送」で提携--医薬品や日用品など

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ANAホールディングス(ANAHD)とドイツの航空会社であるWingcopter GmbHは4月15日、日本におけるドローン配送ネットワークの構築を目指し、医薬品や日用品などのドローン配送事業化に向けた業務提携を締結したと発表した。

 この第一弾として、Wingcopter GmbHが開発する固定翼型VTOL(垂直離着陸機)ドローンを活用した医薬品配送実証を、3月21日〜26日に長崎県五島市福江島〜久賀島間で実施している。

固定翼型垂直離着陸(VTOL)ドローン
医薬品配送実証で使用した固定翼型垂直離着陸(VTOL)ドローン

 ANAHDでは、2016年にドローン事業化プロジェクトを立ち上げ、2022年度(空の産業革命レベル4解禁)のドローン配送サービスの事業化に向けて、2018年度より福岡市、五島市などでドローン配送の実証を進めてきた。各地での実証実験を通じて、特に離島や山間地域では長距離飛行が必要なエリアが存在することが分かったという。さらに、風にも強い機体の必要性が高まっていたと説明する。

 そこで、Wingcopter GmbHと実証を行い、機体性能(最大約20m/sの強風下における自律的な飛行が可能)を確認していたという。具体的には、嵐の強いアイルランド地域や、高気温のアラブ首長国連邦の砂漠、北極圏のカナダなどで実証を行い、強風や悪天候の地域に対して耐性があることが証明したという。

 2020年度は、Wingcopter GmbHの日本における販売代理店であり、Wingcopter GmbHの固定翼型VTOLドローンのローカライズ化、システム開発などで実績のあるWorldLink&Company(ブランド名:SkyLink Japan)の協力を得て、ANAドローン事業化プロジェクトメンバーによる運航を行うための訓練を実施。

 2021年3月の実証では、航空機運航の知見を生かし、パイロットや航空機整備士といったANAドローンプロジェクトメンバーが固定翼型VTOLドローンを操縦。医薬品や血液検体の配送を実現した。

キャプション

 今回発表したドローンによる配送サービスの事業化にあたっては、ANAHDがドローンオペレーターとしてドローンを運航。日本におけるドローン配送サービスを立ち上げ、ネットワークの構築、市場の創造を推進する。Wingcopter GmbHは、各国で実証を重ねてきた知見を生かし、固定翼型VTOLドローンの運航の知見を提供するという。

 両社は、2022年度の全国の離島や山間地域における安全安心なドローン配送実現を目指して、実証を進めていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]