logo

ANAや武田薬品、VTOL型ドローンで医薬品を配送する実証実験--12Kmを10分で配送

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ANAホールディングス(ANAHD)、武田薬品工業、長崎大学、五島市は3月10日、長崎県五島市福江島港エリアから久賀島の内陸に位置する久賀診療所へ、Wingcopter製の固定翼型垂直離着陸(VTOL)ドローンを飛ばして、処方箋医薬品を配送する実証実験を行うと発表した。

固定翼型垂直離着陸(VTOL)ドローン
固定翼型垂直離着陸(VTOL)ドローン

 実施期間は3月22〜26日。飛行区間は、長崎県五島市福江島港〜久賀島 片道約16km(直線距離約12km)。実験では、通常定期船と陸路で45分程度かかる行程を、約10分で配送するという。

 実験には、ドローンの上空飛行に係るLTEネットワークの提供および、「docomo sky」による上空の電波状況を考慮した運航計画の策定支援としてNTTドコモが参加。機体・システム提供および、パイロット訓練、運航サポート、飛行申請サポートとして、WorldLink&Company(SkyLink Japan)が参加する。また、インテグリティ・ヘルスケアは、オンライン診療/オンライン服薬指導システム「YaDocQuick」を提供。東七と藤村薬品は、医薬品および、処方箋医薬品の運搬を担当する。

 オンライン診療モデル(シナリオ1)として、患者が自宅でオンライン診療・オンライン服薬指導を受けた後に処方箋医薬品の自宅配送を実施。緊急配送モデル(シナリオ2)として、医薬品卸から医療機関への緊急配送を想定したドローン配送も実施する。今回の取組みにより、離島に住む患者が有する通院へのハードル(通院困難など)の地域医療課題解決を目指す。

飛行区間の概要
飛行区間の概要

 なお、この実験は、国土交通省・環境省連携事業「社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業(過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業)」に採択されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]