「機動戦士ガンダム」の実写映画、Netflix向け映画として配信へ

佐藤和也 (編集部)2021年04月13日 13時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンライズと米国の映画会社であるLEGENDARYとの共同制作による「機動戦士ガンダム」シリーズの実写映画について、Netflix向け映画として配信することが4月13日に発表された。

 機動戦士ガンダムシリーズの実写映画については、2018年にサンライズとLEGENDARYが共同開発に向けた契約を締結したと発表している。新たに4月13日付で発表された内容によれば、脚本はブライアン・ K ・ヴォーン氏、エグゼクティブプロデューサーをLEGENDARYのケール ボイター氏が担当。そして監督には「キングコング:髑髏島の巨神」を手掛けたジョーダン・ヴォート=ロバーツ氏が務めるという。内容についてはまだ明かすことができないとしながらも「機動戦士ガンダムシリーズの歴代作品で描かれてきた、対立と愛、そして 人型兵器『モビルスーツ』を操縦するパイロットたちの戦いを通じた人間ドラマを本作でも踏襲しながら制作中」としている。

 なおNetflixが作品を中国以外の全世界でリリースし、LEGENDARYが中国でディストリビューションを行うことで全世界へ向けて提供するとしている。

(C)創通・サンライズ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]