logo

NVIDIA、Armベースのスパコン用CPU「Grace」を発表

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年04月13日 11時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは米国時間4月12日、人工知能(AI)などのハイパフォーマンスコンピューティング事業を強化する新たなArmベースのCPU「Grace」を発表した。このCPUは、2023年にはスーパーコンピューターに搭載される予定だ。同社は12日から16日まで「GTC 2021」カンファレンスを開催している。

Grace processor
提供:Nvidia

 NVIDIAは、プログラマーの草分けとして知られる計算機科学者Grace Hopper氏にちなんだ名前を持つこのCPUで、処理を高速化するために複数の「Arm Neoverse」プロセッサーコアを組み込むことを選択したと、シニアディレクターParesh Kharya氏は述べた。同社によると、Graceベースのシステムは「NVIDIA DGX」ベースのシステムと比べて10倍高速だという。

 A100チップと「AMD EPYC」CPUを組み合わせたNVIDIAの「Selene」は、現時点で世界で5番目に速いスーパーコンピューターとされている。一方、スイスの国立スーパーコンピューティングセンターで2023年に稼働予定の「Alps」は、Graceの搭載によってSeleneの7倍の処理速度を実現すると、Kharya氏は述べた。また、米国のロスアラモス国立研究所も、Graceを搭載したスーパーコンピューターを購入する予定だという。

GTCカンファレンスで新CPUを発表した最高経営責任者(CEO)のJensen Huang氏
GTCカンファレンスで新CPUを発表した最高経営責任者(CEO)のJensen Huang氏
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]