logo

「Google Wifi」アプリ、7月にサポート終了へ--「Google Home」アプリに移行

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ) 編集部2021年04月05日 10時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Google Wifi」アプリのサポート終了を7月に予定していることを、米CNETに明らかにした。同アプリは長年、初代のGoogle Wifiメッシュルーターを管理する役割を担ってきた。サポート終了後は、ユーザーが「Google Home」アプリで家庭のネットワークとルーターの設定を管理する必要がある。Google Homeアプリは現在、第2世代「Nest Wifi」メッシュルーターの管理に対応している。

Google Wifi
提供:Josh Miller/CNET

 Googleの広報担当者は次のように述べた。「あらゆるデバイスの一元管理をさらに容易にする目的で、Wi-Fi機能をGoogle Homeアプリに移植した。Nest WifiはGoogle Homeアプリに標準設定されており、当社は既存のGoogle Wifiユーザーにこの同じ機能を提供する」

 Google Wifiのユーザーは米国時間5月25日から、新しいデバイスを追加したり、既存の構成を拡張したりする際に、Google Homeアプリを使用することが必須になる。Googleは7月に、Google Wifiアプリのサポートを終了するとともに、同アプリをすべてのアプリストアから削除し、ユーザーにWi-Fiシステムの管理をGoogle Homeに移行するよう求めていく。

 Googleはまた、同社製「OnHub」ルーターのユーザーも、Google Homeアプリに管理を移行できるようになると述べた。

 Googleによると、Google Homeアプリはまた、ネットワークの診断、ビデオ会議の改善、「Googleアシスタント」の音声サポートによるハンズフリーの速度測定やネットワーク中断といったWi-Fi関連の補助機能のほか、Googleアシスタントや「Chromecast」デバイスの管理機能も提供するという。同社は2020年8月、Google Homeアプリをアップデートし、Google Wifiアプリが提供するのと同じ高度なネットワーク設定管理機能を搭載した

  Googleの広報担当者は、「ユーザーが知っていて愛用しているGoogle Wifiアプリの特長や機能のほとんどは現在、Google Homeアプリで利用可能になっている」と述べた。一部の機能は、今後のアプリのアップデートで提供される。

 Googleによると、7月にGoogle Homeアプリで提供されないGoogle Wifiの機能は、特定のネットワークデバイスの速度をトラッキングする機能のみだ。この機能は、Google Homeアプリのバージョン2.38で利用できるようになる予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]