logo

米最高裁、Facebookの自動メッセージはロボコール規制法に抵触せず

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月02日 10時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米最高裁判所は米国時間4月1日、Facebookによる自動テキストメッセージの送信は、1991年電話消費者保護法(TCPA)に違反していないとし、満場一致でFacebookを支持する判決を下した。この法律は自動音声通話(ロボコール)を規制するために制定されたものであり、新しいインターネットベースの技術に適用することを意図したものではないとした。

Facebookのロゴ
提供:James Martin/CNET

 今回の判決により、提案されていたFacebookに対する集団訴訟は却下される。この集団訴訟は、2019年に連邦判事が棄却していた。原告側の代表者であるモンタナ州在住のNoah Duguidさんは、Facebookのサービスを一度も利用したことがないにもかかわらず、Facebookからパスワードのリセットに関する多数のテキストメッセージを受信したとして、サンフランシスコにある第9巡回区控訴裁判所に提訴した。同裁判所の判事は、Facebookの慣行は同法律の対象であり、訴訟を進めることができるという裁定を下していた。

 Facebookはこの裁定について控訴した。米最高裁判所は、この件を見直すことに同意し、最終的に、4月1日に9対0で同社に有利な裁定を下した。

 Sonia Sotomayor最高裁判事は、「Noah Duguid氏が争うべき相手は、同氏を満足させるほど柔軟に自動ダイヤル技術を定義しなかった米議会だ」と記している。

 特にSotomayor判事はTCPAについて、無作為に生成された電話番号を利用する自動ダイヤル技術を禁じるものだと説明している。Facebookのケースはこれに当たらない。同社の主張によれば、おそらくDuguid氏に割り当てられた電話番号は、同氏の前にFacebookユーザーが使用していたもので、そのユーザーはテキストベースの通知を受け取ることに同意していたのだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]