logo

2021年の「iPad Pro」はどうなる?--期待する8つのこと - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年04月01日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3.Thunderboltポート

 iPad ProとiPad AirでUSB-Cポートが採用されたのは、「Lightning」からの大きな進歩だった。標準のUSB充電アダプターに対応するうえ、マルチポートアダプターに接続すればSDカードを使ったり、モニターやEthernet接続を追加したりもできる。

 それでも、Macと比べるとiPad Proでできることには制限がある。Thunderboltになれば、外部ストレージは拡張性が広がって高速になり、モニターや多機能なドックとの接続性も向上する。

 そうなると、Apple製の新しいアクセサリーも期待できそうだ。

この写真のSanhoの「HyperDrive」のように、iPad Pro用のUSB-Cハブは既に存在する。Thunderboltに移行すればアクセサリーの選択肢が広がる可能性もある。
この写真のSanhoの「HyperDrive」のように、iPad Pro用のUSB-Cハブは既に存在する。Thunderboltに移行すればアクセサリーの選択肢が広がる可能性もある。
提供:Stephen Shankland/CNET

4.Apple製のドック

 iPad Pro用の折りたたみ型キーボードケースは、2020年の「iPadOS」アップデートで追加されたトラックパッドのサポートを生かしている。次のiPadでThunderboltを採用すれば、Appleは独自のiPad Pro用ドックを開発しようとするかもしれない。筆者も数年前に、「iPadがデスクトップコンピューターに早変わり」式のアクセサリーを想像したことがあった。iPad ProとiPad Airに対応するKensingtonの「StudioDock」では、USB-C仕様のiPadが、十分な数の追加ポートを備えたデスクトップデバイスに変わりうることが示された。果たしてAppleは、Thunderboltベースで独自の開発を試みるだろうか。

 Kensingtonの「StudioDock」を使えば、iPad Proがデスクトップコンピューターに。Appleから同様のアクセサリーは出ないものだろうか。
Kensingtonの「StudioDock」を使えば、iPad Proがデスクトップコンピューターに。Appleから同様のアクセサリーは出ないものだろうか。
提供:Scott Stein/CNET

5.5G対応

 iPadは5Gに対応していない。今のところ、だ。2020年に発売されたiPhoneが5Gに対応した以上、iPad Proが次の候補になるのは妥当だろう。ノートブックに関してはLTEさえ採用していないAppleだが、iPadにはその選択肢が初代から用意されていた。とはいえ、筆者の地元はまだ5Gが完全には整っていないし、iPadではモバイルデータ通信はあまり使わず、付加的なオプションにとどまっている。

6.「Apple Pencil」のアップグレード

 最近の報道によると、Appleは新型の「Apple Pencil」を準備している可能性があるという。考えられるのは、今よりコンパクトになり、タッチベースのコントロール(あるいは、新しいペン先)が追加されるなどだ。第2世代のApple Pencilが登場したのは2018年で、iPad用のスタイラスには既に分断が見られる。iPadのモデルごとに、第1世代と第2世代のApple Pencilのサポートレベルが異なっているからだ。

7.前面カメラの配置変更

 iPadは、横向きで使うとビデオ会議に適していない。前面カメラが片側の端に付いているので、会話中の視線があらぬ方向を向いてしまうからだ。次のモデルでAppleが前面カメラの位置を変えることはありえるだろう。仕事も学習も、自宅でする機会がかつてなく増えており、その場合はiPadを横向きにして使うことが多い。Magic Keyboardでも、iPadは横向きが前提になっている。

8.iPadOSの拡張性(そしてMacのように)

 iPad ProにM1プロセッサーを搭載することになった場合、AppleはiPadのソフトウェアをさらに発展させるのかという疑問も出てくる。M1搭載のMacBook AirとiPad Proを並べて使ってみて、iPadのOSの限界に気づかされた。iPadのマルチタスク機能とモニター対応がさらに充実したら、より一層、一人前のコンピューターらしくなるだろう。トラックパッドやマウスなど、多くの周辺機器に対応するようになったのだから、そうなってもいいのではないだろうか。

 次期iPadに筆者が最も望むのは、ハードウェア面のアップグレードではない。現在のMac並みに多機能になるソフトウェアが登場することだ。この春でiPadとMacの溝がそれほど埋まることはないかもしれないが、いつかそうなることは、やはり期待したい。

iPad ProとMacは、重なる点がだいぶ増えてきた。2021年モデルのiPadでも、両者の境界線はさらに曖昧になるのだろうか。
iPad ProとMacは、重なる点がだいぶ増えてきた。2021年モデルのiPadでも、両者の境界線はさらに曖昧になるのだろうか。
提供:Scott Stein/CNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]