logo

2021年の「iPad Pro」はどうなる?--期待する8つのこと

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年04月01日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPad Pro」の2020年モデルが登場したのは、1年が過ぎてなお続いているこのコロナ禍が始まって間もない、2020年3月中旬だった。アップグレードの時期が近いと言えそうだが、2021年モデルでは何が加わってどう変わるのか。チップが新しくなり、「Thunderbolt」ポートが採用される可能性があるという最近の報道を踏まえると、まず考えられるのはプロセッサーとアクセサリーだろうか。

各種iPad
新型「iPad Air」(中央)は2020年秋に登場した。新型iPad Pro(写真右)はどう進化するのだろうか。
提供:Scott Stein/CNET

 2020年モデルは、プロセッサーも大きくは変わらず、2018年モデルとの差があまり感じられなかった。ただし、新しい技術とアクセサリーは導入されている。Apple製品としては初めて、深度を感知するLiDARセンサーを搭載したほか、トラックパッドの付いた「Magic Keyboard」ケース(価格はエントリーレベルの「iPad」並み)も登場した。

 最近の「Mac」は、Appleの「M1」プロセッサーによってパフォーマンスが劇的に向上した。M1プロセッサーは既に、iPad Proに搭載されているチップの上位版という感じがする。

 2021年は、iPad Proシリーズのプロセッサーを強化するには絶好のタイミングと思われ、実際、最近の報道もそれを示唆している。といっても、iPad Proに搭載されるのが、最近のMacと同じM1になるのか、それとも「A14X」のようなカスタムプロセッサーになるのかは、まだ確かではない。また、次期iPadではアクセサリーの接続方式も変わり、USB-Cから、見かけは似ているが性能の高い「Thunderbolt」ポートになる可能性もある。ディスプレイも、アップグレードすべき時期はとうに過ぎている。筆者の予想は、以下のとおりだ。

1.ディスプレイの向上

 iPad Proのディスプレイは素晴らしいし、120Hzのリフレッシュレートは、「iPhone」や他のiPadにはまだ採用されていない。だが、OLED(あるいは、当面の間はミニLED)への移行は、機が熟しきっているように感じる。iPad Proがグラフィックデザイナーやフォトエディターなど、最高クラスのディスプレイを求めるユーザー向けである以上、なおさらだ。

2.M1プロセッサー(あるいは同等に近いプロセッサー)

 誤解のないように言っておくと、2020年モデルのiPad Proに搭載された「A12Z」プロセッサーも、十分高速であることは間違いない。だが、ベンチマーク上では、2018年モデルに搭載されていた「A12X」プロセッサーからそれほど高速化しなかったので、チップのアップグレードは当然、期待されている。「A14Z」または「A14X」プロセッサーが登場する可能性はある。最近のiPhoneや「iPad Air」で採用されているチップに、グラフィックコアを追加するなどの機能強化を加えたものだ。あるいは、「MacBook Air」で採用済みのM1を使う可能性もある。M1という選択肢は明らかに思えるが、対象をタブレットに絞ってチップをカスタマイズすることも考えられる。Macに特化したM1の機能は不要なので、それを省くのだ。

「iPad Pro」は、「MacBook Air」と同じ「M1」プロセッサーを搭載するのか。搭載するとして、どこまで共通になるのか。
「iPad Pro」は、「MacBook Air」と同じ「M1」プロセッサーを搭載するのか。搭載するとして、どこまで共通になるのか。
提供:Scott Stein/CNET

 プロセッサーがどちらになるとしても、最終的にパフォーマンスは上がることになる。では、その目的はどこにあるのか。筆者の希望としては、既にiPad Proは十分高速なので、マルチタスク機能を強化する方向に進んでもらいたい。あるいは、セカンドモニターの真のサポートもいい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]