カプコン、シリーズ最新作「モンスターハンターライズ」をNintendo Switch向けに発売

佐藤和也 (編集部)2021年03月26日 18時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンは3月26日、Nintendo Switch用ソフト「モンスターハンターライズ」を発売した。通常版の価格、ダウンロード版が7264円(税別)、パッケージ版が7990円(税別)。

 本作は、ハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」シリーズの最新作。災禍「百竜夜行」に挑むカムラの里を舞台に、縦横無尽に躍動するアクションや、思いのままに翔けあがれる新たなハンティングフィールドが用意され、新たなモンスターも登場するなど、かつてない狩猟体験が楽しめるタイトルとしている。

 発売にあわせて、本作の魅力がまとまった「狩猟解禁映像」を公開。また、狩猟生活をより楽しめるダウンロードコンテンツも配信を開始。複数の追加モンスターなどが登場する無料タイトルアップデートも予定されており、4月末配信予定の「Ver.2.0」では、新たに「ヌシ・リオレウス」の登場も決定。霞龍「オオナズチ」を含む複数の追加モンスターが、発売約1カ月後に早くも出現するという。

無料タイトルアップデート
無料タイトルアップデート
ヌシ・リオレウス
ヌシ・リオレウス

(C)CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]