CLAS、内装工事もサブスクで提供--オフィス家具と合わせ初期費用抑えオフィスを構築

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CLAS(クラス)は3月23日、設置時間が少なく、移転やレイアウト変更の際には解体・再施工が可能なハイパーテーションの設置に伴う内装工事を、サブスクサービスで提供開始すると発表した。

内装工事をサブスクサービスで提供開始
内装工事をサブスクサービスで提供開始

 本サービスは、会議室や執務エリアの広さを自由に変更することで、会議室不足やデッドスペースを解消することを目的に提供するもの。オフィス用のデスクやチェアに加え、すでに提供を開始している、個人の作業や打合せスペースにもなる個室型フォンブース「Kolo」とあわせ、間仕切りのハイパーテーション設置工事もサブスクで提供する。

 15坪、10人規模のオフィスの場合、税別月額5万円から利用が可能。レイアウトから内装工事、回線手配、家具選び、アートや植栽などのオプションも含めて一任でき、家具もあわせてサブスクできるので、イニシャルコストの低減が可能だ。

 オフィスを探す企業にとっては、最適な空間を手軽に試すことが可能。オフィス移転や働き方の変化に伴うレイアウト変更に対し、柔軟に対応することができる。

 一方、不動産デベロッパー、不動産仲介・管理会社にとっては、造作工事を行った場合に比べ入退室費用が抑えられることで、分散型拠点の新設、コワーキングスペース・シェアオフィス開業など、多様な使い方が可能となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]