logo

スクエニ、ブロックチェーン技術を活用したNFTデジタルシールを発売へ

佐藤和也 (編集部)2021年03月17日 16時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは3月17日、double jump.tokyoとの共同開発による、ブロックチェーン技術を活用したNFTデジタルシールを2021年夏に販売すると発表した。同社としては初めてとなるNFTデジタルシールは、「ミリオンアーサー」シリーズで展開予定としている。

 これは、非代替性が特徴のNFT(Non-Fungible Token ノン ファンジブル トークン)デジタルシール。購入者情報がブロックチェーン上で記録され、シリアルナンバーやロットナンバー、使用状態(デジタルシールとしての使用履歴)などのデータをシール自体に紐づけたもの。そのため、コピーや複製などを行うことができず、さらにシール毎にデザインでの違いなどを持たせることで、デザインの面からも唯一無二のデジタルシールを所有することが可能になるという。

 同社では、ブロックチェーンとデジタルエンタテインメントの親和性に注目し、数年前から技術の調査や応用の可能性の検討を行っていたという。今後、ブロックチェーンを利用し、ゲーム内などでのユーザー間コミュニケーションの活性化などの可能性を模索するとともに、それらを通じた新たなデジタルエンタテインメントコンテンツの創出やビジネスモデルの構築を目指すとしている。

ミリオンアーサーシリーズのひとつである「弱酸性ミリオンアーサー」キービジュアル
ミリオンアーサーシリーズのひとつである「弱酸性ミリオンアーサー」キービジュアル

(C)2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by double jump.tokyo Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]