logo

ディープフェイク画像、目の光反射から検知可能?--米大学のチームが手法示す

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年03月15日 12時40分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク州立大学バッファロー校の研究チームは、ディープフェイク画像を検出する手法について概要を示した論文を発表している。目の中に映る光の反射を見て、それが左右の目で一致するかどうかを確認するというものだ。この手法が有効なのは、リアルな人間の顔を合成する際などに利用できる敵対的生成ネットワーク(GAN)モデルを使った写真だ。研究チームは、画像が本物かどうかを見分ける方法はすべて目の中にあるとしている。

ディープフェイクと本物の画像の比較
提供:University of Buffalo

 論文は2020年に発表されており、The Next Webが先週報じた。特にGANで合成された顔は、偽のソーシャルメディアアカウントのプロフィール画像として使われており、ユーザーをだましていると論文で説明されている。

 研究チームによると、「GANで合成された顔は、角膜に映る反射光が左右の目で一貫性がないことで見破れる」という。これに対し、本物の顔を写した写真では、どちらの目にも同じように光が反射している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]