logo

アップル、「iPhone 12 mini」を2021年前半に減産か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年03月11日 10時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが2021年前半の「iPhone 12 mini」の部品注文を削減しているという。日本経済新聞が3月10日に報じた。この5G対応端末の生産は、2021年6月末まで70%以上縮小される可能性があるという。

iPhone 12
提供:Patrick Holland/CNET

 同社は、iPhone全機種向けの2021年前半の発注を、2020年末時点の計画より約20%削減しているようだ。日本経済新聞によると、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の生産レベルは、iPhone 12 miniほど引き下げられていないという。

 それでも、同社の2021年前半の生産計画は約7500万台とされており、前年の同じ期間よりも多いという。同社は2021年に、2020年よりも11%多い、2億3000万台のiPhoneを製造することを目指していると日本経済新聞は報じている。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]