Facebook、VRの取り組みでリアリティーのあるアバターを視野に

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2021年03月09日 10時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの仮想現実(VR)への取り組みで、近い将来、よりリアルなアバターが加わるかもしれない。最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏がThe Informationとのポッドキャストインタビューで、「Oculus Quest」ヘッドセットにおけるVRと拡張現実(AR)の取り組みについて詳細を語った。

Oculus Quest
提供:Angela Lang/CNET

 リアルなアバターは、電話やビデオ通話から1歩進んだコミュニケーションになる可能性を秘めているとZuckerberg氏は述べている。同氏の考えるアバターは、「本当のアイコンタクト」が可能で、ユーザーのパーソナリティが相手に伝わるようなものだ。

 Zuckerberg氏は、「実際に意思疎通ができるようになるだろう」と話した。「ゲームやその他のオブジェクトをバーチャルオブジェクトとしてインスタンス化し、互いにやりとりしながら作業を行ったり、一緒にゲームをしたりすることが可能になる」(Zuckerberg氏)

 Facebookはすでに「Oculus Quest 3」「Oculus Quest 4」などの次期ヘッドセットに目を向けており、次世代版にはフェイストラッキングやアイトラッキングを搭載することを目指している。

Zuckerberg氏
提供:Screenshot by Queenie Wong/CNET

 Facebookは、アイウェアメーカーのLuxotticaとの提携を通じて年内にもスマートグラスをリリースする計画を明らかにしている。Facebook Reality Labsの責任者Andrew Bosworth氏は2021年に入り、これはARグラスではないが、ユーザーが常にやりとりに集中でき、何かの画面を見たり、スマートフォンに手を伸ばしたりして気をそらす瞬間がない製品とする狙いがあると述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]