「Oculus Quest」が「Messenger」アプリに対応--装着したままチャット可能に

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月03日 12時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook傘下のOculusは米国時間2月2日、Facebookの「Messenger」アプリを仮想現実(VR)ヘッドセットの「Oculus Quest」および「Oculus Quest 2」に追加すると発表した。今週から段階的に提供していく。ヘッドセットを装着している間もユーザーがソーシャルな状態を維持できるようにすることが狙いだ。ユーザーはコントローラーを使ってメッセージをタイプ入力するか、用意された定型メッセージを送るか、音声入力機能を利用して友人とチャットすることができる。

Oculus Quest 2
提供:Scott Stein/CNET

 メッセージは、Messengerを利用できるどのデバイスにも送信できる。つまり、受信側がヘッドセットを使用している必要はないということだ。チャットの参加者がヘッドセットを持っている場合、「パーティー」機能を使えばすぐに同じゲームで遊ぶことも可能だという。

 Oculusは、このアップデートを利用することで既存のプライバシー設定が変わることはないと説明した。ヘッドセットを貸し出す際などはMessengerからログアウトすることができる。Messengerと連携しない状態でもOculus Quest内のチャットは可能だ。

 OculusはMessengerへの対応とともに、個人開発者がVRゲームを配信できるプラットフォーム「App Lab」も立ち上げた。App Labはゲーム配信のメインプラットフォームである「Oculus Store」の基準に満たない、より小規模なゲームを配信する。開発者はシンプルなリンクやデジタルキーを使ってゲームを共有することができる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]