logo

グーグル、「Chrome」のアップデートサイクルを4週間に短縮へ

Campbell Kwan (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年03月08日 10時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間3月4日、ウェブブラウザ―「Google Chrome」通常版のリリースサイクルを4週間ごとへと短縮すると発表した。2021年第3四半期に予定している「Chrome 94」から適用される。同社はこれまで、6週間ごとにアップデートをリリースしつつ、小規模なパッチを散発的にロールアウトしてきている。

 GoogleでChrome運用のテクニカルプログラムマネージャーを務めるAlex Mineer氏はブログ投稿で、リリースサイクルの短縮はChromeのテストやリリースのプロセスが強化されたことによると述べている

 同社は今回の変更の一環として、Extended Stable版を新たに提供するとしている。これは、アップデートを管理するために時間を必要とする企業の管理者や「Chromium」の組み込み開発者に向けたものであり、8週間ごとにマイルストーンアップデートがリリースされる。

 Extended Stable版の場合、重要な問題を解決するためのセキュリティアップデートは2週間ごとにリリースされるが、こうしたアップデートには新機能は含まれず、Chrome通常版で4週間ごとに提供されるセキュリティフィックスも含まれない。

 Googleは同日、Google Playストアを展開する市場のうちの20市場において、製品に設定できる最低価格の引き下げも発表した。これによりAndroid開発者は10〜30セント(約10〜30円)の幅で製品の価格を設定できるようになった。

 Googleはブログ投稿に「こうした超低価格帯、すなわち“1ドル未満”の価格帯によって、(開発者らは)現地の購買力と需要を反映するよう価格を調整することで、新たな潜在顧客にリーチできるようになる」と記している。

 こういった最低価格の変更は、有料アプリやアプリ内アイテム、サブスクリプションに適用され、その対象市場はバングラデシュとボリビア、ブルガリア、コスタリカ、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、ハンガリー、ヨルダン、カザフスタン、レバノン、ミャンマー、パキスタン、パラグアイ、ルーマニア、セルビア、スリランカ、タンザニア、タイ、ベトナムとなっている。

 さらにGoogleは、地域ターゲティングと価格設定を3月24日以降に変更し、これまで「その他の地域」とされていた一部の地域を再分類するとも述べた。

 この再分類により、オーランド諸島はフィンランドと同じ地域に、フランス領ギアナとフランス領ポリネシア、グアドループ、マルティニーク、マヨット、ニューカレドニア、レユニオン、サン・バルテルミー島、サン・マルタン、サン・ピエール島およびミクロン島、ウォリス・フツナはフランスと同じ地域になる。また、スバルバル諸島とヤンマイエン島はノルウェーと同じ地域になり、フェロー諸島とグリーンランドはデンマークと同じ地域になる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]