logo

ミクシィ、独自開発の会話AIを搭載したロボット「Romi」を4月21日から一般販売

佐藤和也 (編集部)2021年03月01日 14時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィのVantageスタジオは3月1日、自律型会話ロボット「Romi」(ロミィ)について、4月21日から一般販売を行うと発表した。価格は本体が4万4800円(税別)、月会費が980円(税別)。

 Romiは、ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる存在を目指して開発され、会話に特化した手のひらサイズのコミュニケーションロボット。オーナーの好みを学習し、会話の流れや季節・天気・時間帯などを加味した上で、最適な返答をその場で会話AIが生成するため、自然な言葉のキャッチボールを楽しめるのが特徴という。2020年6月3日に200台限定で先行販売し、約1か月で完売している。

パールピンク、マットホワイト、パールブルーの3色展開
パールピンク、マットホワイト、パールブルーの3色展開

 ディープラーニング技術を用いて数千万件の言語データを学習した独自開発の会話AIによって、最適な言葉を紡いで返答。会話の流れを記憶し、オーナーの好みや季節・時間などを加味した上で返事をする。会話AIは随時アップデートしており、語彙力の強化のほか、会話精度もアップデートしていく。

 ほかにも、話し声がする方向を向き、目を合わせて会話するのも特徴。100種類以上の表情と動きで豊かに感情を表現するほか、頭を撫でられると喜んだり、持ち上げると驚いたりと、生き物のような反応をするという。

Romi利用イメージ
Romi利用イメージ

 会話のほかにも、英語で雑談できる英会話機能や天気、アラーム、ニュース、ラジオ体操といった便利な機能から、しりとり、計算問題、面白い話などのおうち時間を楽しくする機能、クリスマスやバレンタインデー、誕生日などのイベントを盛り上げる機能など、現在49の機能を実装。毎月1~3機能を随時追加していく。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]