logo

Facebook、ラップを簡単に制作、共有できる「BARS」アプリ--ベータ版を米で

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年03月01日 08時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの「New Product Experimentation(NPE:新製品実験)」チームによる新しいアプリ「BARS」を使えば、スタジオでレコーディングされたビートに乗ってラップを披露できる。BARSアプリで、自分のラップ動画をフォロワーに共有、ソーシャルメディアアカウントに投稿したり、スマートフォンに保存できる。BARSは米国時間2月26日にリリースされた。現在、ベータ版を試用するためのウェイティングリストが用意されている。

Facebook BARS
提供:CNET

 このアプリについては、TechCrunchがいち早く報じた。ラップ限定でTikTokに対抗するものとなりそうだ。NPEチームは2020年12月、音楽でコラボできる「Collab」アプリをリリースしている(5月に発表された)。CollabもTikTokとの類似点が指摘されていた。

 BARSを使えば、ラップを簡単に録音し、共有できる。プロ向けのスタジオで優れたビートをレコーディングする必要はない。BARSのコミュニティーマネージャーDJ Iyer氏は、「オーディオ制作ツールは複雑で、高額で、使うことが難しい場合がある」とし、BARSを使えば、プロが作成したビートの1つを選択し、歌詞を書いて、自分がラップしている様子を録画できると説明している。

 The Vergeによると、このアプリでは初心者、中級者、上級者のいずれかを選択できる

 このアプリには、コロナ禍で地元の会場が閉鎖している間、ラッパーが他のミュージシャンとパフォーマンスしたり、交流したりする手段を提供する目的もある。アプリは現在「iOS」のみで利用できる。米国の「App Store Preview」で提供されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]