logo

ウェブ版「Word」文書を「PowerPoint」プレゼンテーションに変換する機能、Office Insiderに

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年02月26日 12時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、ウェブ版「Word」のユーザーがテキストベースのドキュメントを、デザインのテーマを適用し、「PowerPoint」プレゼンテーションに変換できる新機能「Transform」を「Office Insider」を対象にリリースしている。

 Word文書をPowerPointプレゼンテーションに変換するには、ウェブ版Wordのメニューオプションで、「File」(ファイル)>「Transform」(変換)>「Transform to PowerPoint presentation」(PowerPointプレゼンテーションに変換)とクリックする。Wordファイルを開いておく必要がある。

 Transformを選択したら、プレゼンテーションのデザインのテーマを選択する。そして「Open presentation」をクリックし、ウェブ版PowerPointで結果を確認する。作成されたPowerPointスライドは、ユーザーの「OneDrive」フォルダーに保存される。

 Transformの機能は現在、テスター向けのOffice Insiderプログラムの参加者のみが利用可能で、多くの制限もある。完全に使えるようになれば、ドキュメントの要約されたセクションを基にPowerPointプレゼンテーションを作成できるという。さらに、人工知能(AI)を利用して画像、アイコン、動画、テーマ、フォントを追加する。

 この機能を試す際には、大部分がテキストのWordドキュメントを開き、Transformをクリックして、視覚的なプレゼンテーションを作成するためにAIがどのような提案をしてくれるかを確認するようMicrosoftは勧めている。

 Transformは現時点で英語のみに対応している。「Internet Explorer」やAppleの「Safari」ブラウザーでは利用できない。

 PowerPointチームのプログラムマネージャーMohit Anand氏は、次のように説明している。「対応するのはテキストコンテンツからプレゼンテーションへの変換だけであり、他のメディアコンテンツは現時点でサポートしていない。Wordドキュメントを変換した後、手持ちのメディアをプレゼンテーションに追加できる」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]