デルの第4四半期決算、リモートワークなどのPC需要で好調--ヴイエムウェアも堅調

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年02月26日 11時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dell Technologiesは米国時間2月25日、2021会計年度第4四半期決算(1月31日締め)を発表した。PCとリモートワーク関連の需要が引き続き急増しており、好調な業績となった。

 第4四半期の売上高は、前年同期比9%増の261億1000万ドルで、利益は13億4000万ドル(1株当たり1.57ドル)、非GAAPベースの1株当たり利益は2.70ドルだった。

 アナリストは、売上高を244億9000万ドル、非GAAPベースの1株当たり利益を2.14ドルと予想していた。

 DellもHP Inc.と同様に、リモートワークと教育分野の需要を十分に生かしている。最高執行責任者(COO)のJeff Clarke氏は、2021年はIT支出が1桁台半ばで成長する見通しだと述べた。

 2021会計年度通期では、売上高が前年比2%増の942億2000万ドル、利益が35億ドル(1株当たり4.22ドル)だった。VMwareの好調な業績も、Dellの四半期業績に貢献した。VMwareの最高経営責任者(CEO)の後任探しについて、新たな情報はなかった。Pat Gelsinger氏が退任し、IntelのCEOに就任した。最高財務責任者(CFO)のZane Rowe氏が暫定CEOとなっている。VMwareの第4四半期の売上高は7%増の33億ドル、非GAAPベースの1株当たり純利益は2.21ドルだった。

 経常収益は前年比で8%増加した。Dellは、同社のアズアサービスモデルで、顧客は業務ニーズや予算に合わせて柔軟に拡張できるとしている。

 PCなどのクライアントソリューショングループは、第4四半期の売上高が前年同期比17%増の138億ドルだった。商用、コンシューマー向けの売上高がけん引した。通期では売上高が484億ドル、営業利益が34億ドルだった。

 2020年のPC出荷台数は5030万台で、前年比で8%増加した。

 インフラソリューショングループは明暗入り混じる内容となり、売上高は88億ドルで1年前から横ばいだった。ストレージは前年同期比2%減、サーバーとネットワーキングは3%増となった。営業利益は12億ドルだった。通期でみると、売上高は326億ドル、営業利益は38億ドルだった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]