アップル、LGBTQ+の支援に1億円超と「iPad」などを寄付

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年02月26日 10時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、米ユタ州の非営利団体Encircleが活動を4つの州に拡大し、LGBTQ+の若者やその家族のためのコミュニティーセンターを提供するのを支援する。Encircleは2017年に設立。家をリフォームして活動の拠点とし、アートスタジオや音楽スタジオ、コミュニティー講座などを提供する。グループや個人を対象に無料および助成金付きのセラピーセッションも提供している。

アップル企業ロゴ
提供:James Martin/CNET

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は米国時間2月25日、次のように述べた。「すべてのLGBTQ+の人が、コミュニティーや自分自身に対してありのままの自分をオープンにできるくらい、安全で支えられていると感じるべきだ。Encircleは、人々の間の隔たりを埋めて団結させる手助けをし、人がなろうと望みうる最高のものは本当の自分だ、という力強いメッセージを送っている」

ユタ州プロボにあるEncircleのホーム
ユタ州プロボにあるEncircleのホーム
提供:Encircle/Apple

 Encircleによると、寄付金はアリゾナ州、アイダホ州、ネバダ州および本拠地のユタ州に8軒の新しいホームを開設する取り組みに役立てるという。Appleは、プロバスケットボールチーム「Utah Jazz」のオーナーであるRyan Smith氏とその妻Ashley Smith氏とともに出資した。ロックバンドImagine DragonsのリードボーカルのDan Reynolds氏、その妻であるミュージシャンのAja Volkman氏も、Reynolds氏が子ども時代に住んでいた家をEncircleに寄付した。Appleは今後、100万ドル(約1億640万円)の寄付に加えて「iPad」などの製品を提供する。

Tim Cook氏
2020年にオンラインで開催された製品発表イベントでのTim Cook氏
提供:Apple

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]