logo

「NP後払い」などを手掛けるネットプロテクションズ、JCBと資本提携--約60億円を調達

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットプロテクションズホールディングスは2月25日、ジェーシービー(JCB)を引受先とする約60億円の第三者割当増資について合意したと発表した。

 発行新株式数は、普通株式8737株。今回の資金調達により、JCBの出資比率は10.24%となる。あわせて、国内外において拡大するBNPL(Buy Now, Pay Later=先に買って後から支払う決済)市場における事業連携を開始するという。

 同社は、子会社のネットプロテクションズを通じて、BtoC EC向け後払い決済を軸に2002年よりサービスを展開。2019年度には、主力サービスである「NP後払い」の年間流通総額は2900億円、年間ユニークユーザーは1450万人以上、サービス開始以来の累計利用件数は2億件に達している。BtoB向け後払い決済「NP掛け払い」においては、加盟企業数は約2300社、年間流通総額は590億円、累計取引件数780万件を超えている。

 国内外において拡大するBNPL市場のプラットフォームおよび、BtoB決済インフラとしてさらなる事業推進の強化を図るべく、今回の資本提携を決定した。提携では、JCBの加盟店ネットワークおよび、決済ソリューションとそれを支えるサービス運営オペレーションを連携。NP後払いやNP掛け払いに加えて、BtoC向けカードレス決済「atone」においてさらなるサービス拡大および、品質向上の実現を目指す。

 また、「決済サービスの相互連携による利便性の更なる向上」や「R&D、オペレーション等幅広い領域における協業」も進めていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]