logo

バイデン米大統領、半導体などの供給網を見直す大統領令に署名

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月25日 09時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Joe Biden米大統領は米国時間2月24日、半導体チップなどの重要部材の供給網を改善することを目的とした大統領令に署名した。この大統領令は、半導体、重要鉱物、医薬品、電気自動車用の高容量電池という、4つの主要業界にわたる供給網を100日間で見直すことを求めるもの。ホワイトハウスによると、バイデン政権はこの見直しにより、供給網のリスク緩和に向けて米政権が実行できる短期的な対策を特定することを目指すという。

医療とチップのイメージ
提供:Liesa Johannssen-Koppitz/Bloomberg via Getty Images

 米国は世界的なチップ不足の影響を受けており、一部の自動車メーカーは、エンジンからエアバッグまでのあらゆるものを制御するためのチップが不足していることを理由に、米国における生産を一時停止していると報じられている。

 ホワイトハウスは新型コロナウイルスのパンデミックが始まった時に、最前線で働く医療従事者用の個人用防護具(PPE)が不足していることにも言及していた。

 今回の大統領令では、防衛、公衆衛生、エネルギー分野など、米国にとって重要な、より広い範囲の供給網に対する、より長期的かつ詳細な見直しも求めている。

 Biden氏は大統領に署名する前に、24日午後に議員らと会談し、米国の供給網について協議した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]