Shiftall、企業公認のVRメタバース用アイテムを販売--3万円未満の“フルトラシステム”も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Shiftallは2月19日、VRメタバース関連事業に参入し、メタバース内にてアバターやワールドに利用できるメーカー公認バーチャルアイテムとして、パナソニック製品のローポリゴン・データの販売を開始すると発表した。あわせて、SteamVR用フルトラッキング・システムの「HaritoraX」の開発も公表した。

キャプション

 販売するのは、「LUMIX S5+LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」(1178ポリゴン/税込500円)と「眼鏡型VRグラス」(2974ポリゴン/税込300円)の2データ。販売チャネルは、ピクシブが提供する販売プラットフォーム「BOOTH」を利用する。

 LUMIX S5のデータについては、主に「VRChat」上にて「VirtualLens2」、「VRCLens」といったサードパーティ製カメラ拡張ソフトウェアと組み合わせての動作を想定しており、すでに動作確認を完了させている。また、よりポリゴン数を増やしたモデルを加えてのアップデートを予定している。

 眼鏡型VRグラスについては、アバターを着飾る服飾品のデータ流通件数が大変多いことに着目。パナソニックがCES 2021にて発表した眼鏡型VRグラスは、本来服飾品ではないが、VRメタバースにおいてはユニークなアバター服飾品として活用してもらえると考え、選択したという。

「VRChat」などVRメタバースでの認知度向上を目指す

 VRメタバースとは、バーチャル空間内にてアバター(自分の分身となるキャラクター)を用いて他者とコミュニケーションを楽しむサービス。VRChatなどが代表例として挙げられる。

 近年のVRメタバースでは、VRMフォーマットの普及などにより、アバターが特定プラットフォーマーの所有物から、個人の所有物へと変化しつつあるという。自らのアバターを着飾るためのアイテムは個人の資産として所有されることとなり、服飾品をはじめとする3Dデータの流通が加速しつつある。

 VRメタバースでは「VR空間内での人物・風景等の写真撮影」がひとつのユースケースとして確立しつつあり、アバターに用いることができるカメラの3Dデータが必要とされているという。しかし、カメラ製品のローポリゴン・データを公開しているメーカーはなく、ノーブランドのカメラ・モデルを使うしかなかった説明する。

 同社では、ユーザーへの認知度拡大を目的とし、2月20日よりVRChat内にて開催されているバーチャルイベント「クロスマーケット2」と提携。ワールドのメインエントランスに本データ販売についての大型バナーを掲示するという。

キャプション

3万円未満のフルトラッキングシステムも開発へ

 また、同社ではSteamVR用フルトラッキング・システム「Haritora」を個人で開発してきたizm氏と共同で、Haritoraの後継機「HaritoraX(読み:ハリトラックス)」を開発する。2021年春~夏頃の発売を目標とし、価格は3万円未満を予定するという。

 HaritoraXは本体以外に追加機器を必要としない、安価かつ省スペースのモーション・トラッキング装置。腰部・脛部・腿部に取り付けて使用し、Oculus Quest2、Oculus Rift SなどのVRグラスと組み合わせることで、足や腰を含めた全身の動きをVR空間上に反映できる。なお、この状態でVR空間に没入することを、フル・トラッキングを略して「フルトラ」と呼ぶという。

 同社によると、フルトラを実現する手法は複数あるものの、自宅の壁に特別な装置を取り付ける必要があったり、高価だったりと気軽に導入できるシステムではないという。Haritoraでは、5つのIMU(加速度・地磁気センサ)を使って下肢部の動きをセンシングし、Bluetooth接続により低コストを実現したという。

 同プロジェクトは、Shiftallの岩佐代表と、Haritora開発者のizm氏がVRChat内で出会ったことに端を発するという。初代モデルは、izm氏の個人活動で短期間に300台超の販売。「フルトラの民主化」を実現すべく、協業の検討をスタート。Shiftallが持つ量産開発・製造ノウハウで、量産モデルにあたるHaritoraXの共同開発で合意したという。

 2月19日より初回ロット優先予約フォームをオープンし、購入希望者を募集。登録自体にデポジットなどは必要なく、キャンセルも可能としているが、価格決定後は予約からのユーザーを優先するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]